第21回
関節ファシリテーション学会学術大会
静岡大会 (オンライン開催)
オンライン:令和3年10月24日(日)   
オンデマンド:令和3年9月25日(土)~10月31日(日)
第21回関節ファシリテーション学会学術大会 静岡大会
第21回関節ファシリテーション学会学術大会 静岡大会

ご挨拶

理事長挨拶

「第21回SJF静岡学術大会の開催におけるご挨拶」

 

SJF学会 理事長 宇都宮 初夫

 

昨年静岡学会はコロナ禍により本年に延期となりました。今年もコロナは収束して いませんので、これまでに無いオンライン学会の形をとることにしました。

SJF 静岡学術大会はその形がオンラインになったこと以外に、その内容もこれまでとは異なり、一般発表を一度中止して、SJF の全国指導者による「教育学会」の形式をとるこ とにしました。そしてそのテーマを「SJF で拡大する職域」としました。

我が国における理学療法士・作業療法士の身分法の確立の目的は、「一般医療ではなくあ くまでも医学的リハビリテーションである」とされたことから、その職域である勤務施設は 病院に限定され、入院患者の「社会復帰」に携わることになりました。医学的には全患者の 10%にリハビリテーションが必要とされているため、わが国の約 180 万床のベッド数から すれば、PTOT の医学的リハビリテーションに必要な数はそれぞれ一万人ということにな ります。昭和 40 年に法律が発布されて以来 56 年が経過して、PT はその数 18 万人、OT は 9 万人となり、どちらも供給過剰の状態となっています。医療における需要はこれ以上 増えることが無いため、その職域については将来最も不安な材料となっています。

そもそも本来の PTOT は治療医学における治療技術者であり、リハビリテーションの専 門技術者ではありません。米国の PT の就業施設を見れば、最も多いのが開業で、全 PT の 33%であり、病院外来・診療所勤務者が 20%、リハビリテーション施設にはわずか 4%足 らずです。カナダにしても開業 PT は 50%に上がっています。我が国とは全く異なる勤務 体制がみられます。SJF 学会のテーマである「職域の拡大」をこの米国、カナダ並みに出来 ればその職域はこれまでの 10 倍におよび、就業体制は安泰となりそうです。ここでそれが 不可能な原因は何といっても PTOT 法の目的を「医学的リハビリテーションの普及・向上 にある」としたことです。ところが本法の PTOT 法ではその目的が「医療の普及・向上に 寄与すること」となっています。この法文を活かすためには、わが国の PTOT が診療所に 就職することと開業すること以外にはありません。このことを実現するには、効果的な治療 技術を有していなければ不可能なのです。そこで SJF の登場となるわけです。米国の物理 医学科の専門は疾患別ではなく全患者の機能障害の治療となっています。その中で「痛みの 専門科」とも言われています。痛みに対する SJF 治療技術は、内科における薬剤にも、外 科における手術にもできない IMD(関節内運動機能障害)を原因治療として完成しましたの で、SJF 技術を身に付ければいつでも開業することができます。また診療所には痛みで訪 れる患者が多くみられるため、個々での就職も十分可能となります。

SJF 技術を獲得することの意義は以上のように、必要不可欠です。今後の職業を安定さ せるためにも、医療の中にしっかりと位置づけさせるためにも、SJF 静岡学術大会に沢山 参加していただきますようお待ち申し上げております。

大会長挨拶

 

第21回SJF学会学術大会静岡大会
大会長 千葉淳弘

 

第21回SJF学会学術大会は、感染症の影響で昨年度延期となり、今年に入っても開催形式について頭を悩ませておりましたが、WEB学会で行うことが決定しました。講演は事前録画(オンデマンド)を10月から配信、質疑応答や討論などは10月24日(日)にオンラインにて、いずれもWEBにて開催いたします。

今回の企画では、学術発表は取りやめ、理事の先生方を中心とした16名による教育講演となっております。今までの対面による学会プログラムでは時間の関係上、講師全ての方にご講演いただくのは難しい状況でした。しかし、WEB学会となり、事前録画により時間の制限が緩和され、執筆いただいたすべての先生方から発表いただくことが可能となりました。イレギュラーではございましたが、SJFに興味がある皆さんにとっては、きっと有益な内容となっていると思います。

一方、学術大会における対面でのメリットでもある「人と人とのつながり」については、演題の合間にSJF各支部からの応援メッセージを流す予定です。こちらもぜひお楽しみにしてください。

学術大会としては初めての実施する事が多く、支部役員一同、円滑な運営に向けて最大限の努力をしてまいります。

ご自宅でゆっくり視聴しながら、目の前の患者さんの回復につながるきっかけを見つけていただければ幸いです。

皆様のご参加を期待するとともに、講演に関する多くの質問をお待ちしております。

お問い合わせ

第21回関節ファシリテーション学会学術大会 静岡大会事務局
島田市立総合医療センター 名波 昭人
Copyright © Institute of Synovial Joints Facilitation. All Rights Reserved.